ボディガード (1992) : The Bodyguard

ショービジネス界のトップスターと、そのボディガードとの恋を描くラヴ・ストーリー。監督はミック・ジャクソン、脚本はローレンス・キャスダン、撮影はアンドリュー・ダン、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。

監督:ミック・ジャクソン
出演:ケビン・コスナー、ホイットニー・ヒューストン、ミシェル・ラマー・リチャーズ、ビル・コッブス、トーマス・アラナ

ボディガード (1992)のストーリー

フランク・ファーマー(ケヴィン・コスナー)は、世界でも屈指の実力を持つボディガード。ある時、歌手兼女優のスーパースター、レイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)の護衛を依頼される。最近彼女の身辺で、不穏な事件が発生し、脅迫状まで送られて来たのだ。レイチェルの邸宅を訪れたフランクは、ずさんな警備体制に驚き、彼女のボディガードとなる決心をする。フランクの目をかすめてライヴハウスでコンサートを行ったレイチェルは、舞台に上がった男から客席につき落とされるが、駆けつけたフランクに助けられる。錯乱状態になった彼女を心から介護するフランクを見て、それまで彼をただの邪魔者としか考えていなかったレイチェルは、初めて心を開く。フロリダのコンサートでレイチェルのもとに脅迫電話がかかり、さしせまる危険を感じたフランクは、自分の父が住むオレゴンに一時レイチェルを隔離する。雪深いオレゴンで、レイチェルの息子フレッシャーと、レイチェルの姉で付き人でもあるニッキー(ミシェル・ラマー・リチャーズ)と過ごすフランクとレイチェルはささやかな幸福に浸るが、フレッシャーの乗るボートが突然爆発し、幸い彼は助かったものの、何者かの手が近づいていることは明白となる。

その夜フランクは、ニッキーから真実を聞かされる。あの脅迫状を見て、バーで見知らぬ男にレイチェルの暗殺を依頼したこと、今では後悔しているものの、その男を探し出せないでいること_。しかしフランクが少し目を放している隙に、ニッキーはあっけなく殺されてしまう。相手がプロであると悟ったフランクは、アカデミー賞受賞式に出席するというレイチェルを止めるが、最優秀主題歌賞にノミネートされている彼女は、舞台に立つことを決心する。受賞式当日、観客の中に犯人がいると確信したフランクは、客席に、ある映画スターのボディガードとして入場したはずの、昔の同僚ポートマン(トーマス・アラナ)の姿を見つけ、彼が犯人だと直感する。レイチェルがオスカーを受賞し、ステージに上がると同時にポートマンのカメラに仕掛けられた銃が火を吹き、フランクが身を投げ出して助ける。負傷したフランクは、レイチェルのボディガードを辞める。飛行場で別れを惜しむ2人だが、ショービジネスと政治家の警備というそれぞれの世界に帰っていくのだった。

関連記事

  1. ポストマン (1997) : The Postman

  2. 8月のメモワール (1994) : The War

  3. ウォーターワールド (1995) : Waterworld

  4. ロビン・フッド (1991) : Robin Hood: Prince of Thieves

  5. メッセージ・イン・ア・ボトル (1999) : Message in a Bottle

  6. ダンス・ウィズ・ウルブズ (1990) : Dances with Wolves

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。