フィールド・オブ・ドリームス (1989) : Field of Dreams

夢を求めて生きるある男と彼をめぐる人々の姿を、野球をべースにして描くドラマ。W・P・キンセラの原作『シューレス・ジョー』の映画化で、監督・脚本はフィル・アルデン・ロビンソン、撮影はジョン・リンドレイ、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。

監督:フィル・アルデン・ロビンソン
出演:ケヴィン・コスナー、エイミー・マディガン、レイ・リオッタ、バート・ランカスター、ジェームズ・アール・ジョーンズ

フィールド・オブ・ドリームス (1989)のあらすじ

アイオワ州の田舎町に住むレイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)はトウモロコシの収穫でなんとか家計をやりくりする、一見普通の貧乏農家。ただ、若い頃に父親と口論の末に家を飛び出し、以来生涯に一度も父の顔を見る事も、口をきく事すらもなかった事を心の隅で悔やんでいた。
ある日の夕方、彼は自分のトウモロコシ畑を歩いているとふと「それを造れば、彼が来る」という謎の声を耳にする。その言葉から強い力を感じ取った彼は妻のアニー(エイミー・マディガン)や娘のカリン(ギャビィー・ホフマン)の支持のもと、周囲の人々があざ笑うのをよそに、何かに取り憑かれたように生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開き、小さな野球場を造り上げる。その後しばらく何も起きなかったが、ある日の晩、娘が夕闇に動く人影を球場に見つける。そこにいたのは1919年のブラックソックス事件で球界を永久追放され、失意のうちに生涯を終えた”シューレス”・ジョー・ジャクソン(レイ・リオッタ)だった。

フィールド・オブ・ドリームス (1989)のストーリー

ある春の夕暮れ、アイオワ州のとうもろこし畑で働いていたレイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)は、突然「それを建てれば彼がくる」という幻の声を聞き、畑をつぶして野球場を建てる決心をする。妻のアニー(エイミー・マディガン)は夫の思いを遂げさせようとレイを温かく見守るが、町の人々の反応は冷やかだった。1年が過ぎたある日、娘のカリン(ギャビィー・ホフマン)が野球場に19年のワールド・シリーズで八百長試合のかどで球界を追放されたシューレス・ジョー(レイ・リオッタ)が現われるのを発見する。その日を境に、シューレス・ジョーとともに球界を追放されたシカゴ・ホワイトソックスの8人のメンバーが次々と姿を現わした。その時レイはまたしても「彼の苦痛を癒せ」という幻の声を聞き、彼は60年代の作家テレンス・マン(ジェームズ・アール・ジョーンズ)を訪ねてシカゴヘ向かう。そしてフェンウェイ・パークで野球を観戦中、レイとマンは電光掲示板に映ったメッセージを読みとり、今度はムーンライト・グラハムという野球選手を探すことになった。2人はミネソタ州チゾムに彼を訪ねるが、すでにグラハムは亡く、その夜レイはなぜか60年代のムーンライト・グラハム(バート・ランカスター)と出会った。しかしその頃アイオワでは、レイの野球場が人手に渡る危機を迎えようとしていた。アニーからそれを聞いたレイは、マンとともに帰途につくが、道中ひとりの若き野球選手(フランク・ウェイリー)を車に乗せる。実は彼こそが若き日のグラハム、その人であった。アイオワに戻ったレイは、野球場売却を勧めるアニーの兄マーク(ティモシー・バスフィールド)と口論するが、その最中カリンがケガをする。そんなカリンを助けたのが、ドク“ムーンライト”グラハムであった。そしてその時初めて、マークにもこの土地の持つ夢の大きさを知り、売却を撤回した。そしてその夢は、限りない未来への希望で包まれてゆく--。

関連記事

  1. ファンダンゴ (1985) : Fandango

  2. さよならゲーム (1988) : Bull Durham

  3. ケビン・コスナーの出演映画一覧

  4. 追いつめられて (1987) : No Way Out

  5. アンタッチャブル (1987) : The Untouchables

  6. 世にも不思議なアメージング・ストーリー (1986) : Amazing Stories

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。