さよならゲーム (1988) : Bull Durham

マイナー・リーグを舞台にベテランと新鋭選手、そしてファンの女性の三角関係を描く。脚本・監督はロン・シェルトン、撮影はボビー・バーン、美術はアーミン・ガンツ、音楽はマイケル・コンヴァーティノが担当。

監督:ロン・シェルトン
出演:ケヴィン・コスナー、スーザン・サランドン、ティム・ロビンス

さよならゲーム (1988)のストーリー

アトランタ・ブレーブスの3A“ダラハム・ブルス”は万年Bクラス。このチームの熱狂的なファンの英語教師アニー(スーザン・サランドン)は毎年、有望な選手を選び公私共に世話を見るのを生きがいとしている。そんな彼女が今年目をつけたのはクラッシュ・デイヴィス(ケヴィン・コスナー)。彼は盛りを過ぎたキャリア12年の捕手だが、彼が雇われたのは、150キロの速球を投げられるもののノーコンの新人投手カルヴィン(ティム・ロビンス)の教育係としてだった。クラッシュはアニーの申し出を断り、カルヴィンに譲った。クラッシュのコーチが成功してカルヴィンは絶好調、連勝街道を驀進した。一方でクラッシュはアニーへの想いが募ってきたため、カルヴィンにこの調子を持続させたいならアニーと寝るなと命令。アニー、カルヴィンの欲求不満をよそにカルヴィンもチームも勝ち続けていった。やがてカルヴィンは念願の大リーグ入りを果たし、2人に礼を言って町を去っていった。役目が終わり解雇されたクラッシュと残されたアニーは自然にお互いを求めあうのだった。

関連記事

  1. フィールド・オブ・ドリームス (1989) : Field of Dreams

  2. 追いつめられて (1987) : No Way Out

  3. アンタッチャブル (1987) : The Untouchables

  4. ファンダンゴ (1985) : Fandango

  5. ケビン・コスナーの出演映画一覧

  6. 世にも不思議なアメージング・ストーリー (1986) : Amazing Stories

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。