13デイズ (2000) : Thirteen Days

第3次世界大戦の危機をはらんだ、緊迫の13日間をつづる問題作だ。歴史的事件の裏舞台をドキュメンタリー・タッチで克明に描出し、強烈なメッセージを突きつける。

監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ケヴィン・コスナー、ブルース・グリーンウッド、スティーヴン・カルプ、ディラン・ベイカー

13デイズ (2000)のあらすじ

 1962年10月、キューバにソ連のミサイル基地があると報告を受けた大統領特別補佐官ケニー。軍部が空襲を主張するなか、彼は戦争回避を願うケネディ大統領と、その弟の司法長官ロバートとともに危機に立ち向かう。

13デイズ (2000)のストーリー

1962年10月16日、偵察機の映像からキューバの基地にソ連の弾道ミサイルが運び込まれたことが確認される。ケネディ大統領(ブルース・グリーンウッド)は国家安全保障会議執行委員会、通称“エクスコム”を召集。委員が空爆を勧める中、第3次世界大戦勃発を恐れる大統領は司法長官の弟ロバート(スティーヴン・カルプ)、大統領特別補佐官の親友オドネル(ケビン・コスナー)と相談し、話し合いでの解決を模索する。だがソ連外相はあくまでミサイルの存在を否定。会談は平行線をたどるが、ケネディ大統領らホワイトハウスの首脳は、先制攻撃を主張する軍部を退け、海上封鎖の実施を決意するのだった。

関連記事

  1. 守護神 (2006) : The Guardian

  2. コーリング (2002) : Dragonfly

  3. Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 (2007) : Mr. Brooks

  4. スコーピオン (2001) : 3000 Miles to Graceland

  5. ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003) : Open Range

  6. 迷い婚 -全ての迷える女性たちへ- (2005) : Rumor Has It