ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003) : Open Range

全米で大ヒットを記録した、ケビン・コスナー&ロバート・デュバル共演の本格西部劇。悪徳牧場主とカウボーイたちの闘いを、リアルな銃撃戦を交えて描いた人間ドラマ。

監督:ケヴィン・コスナー
出演:ロバート・デュヴァル、ケヴィン・コスナー、アネット・ベニング、マイケル・ガンボン、ディエゴ・ルナ

ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003)のあらすじ

1882年。カウボーイのスピアマン(ロバート・デュヴァル)は3人の仲間と共に、牛を放牧しながら旅を続けていた。だが、ある町を訪れた彼らは、自分たちの生き方に反発する悪徳牧場主バクスター(マイケル・ガンボン)の手下により、仲間を殺されてしまう。

ワイルド・レンジ 最後の銃撃 (2003)のストーリー

1882年のアメリカ西部。大平原の中を馬に乗った4人の男たちが進んでいく。彼らは定まった牧場を持たず、各地の草原を移動しながら牛を育てる“フリー・グレイザー”という牧畜で生活していた。ある時、彼らの一人モーズ(アブラハム・ベンルビ)が買い物に行ったまま帰ってこないので、心配したリーダーのボス(ロバート・デュヴァル)と相棒のチャーリー(ケヴィン・コスナー)が町まで迎えに行く。するとモーズは殴られ留置場に入れられていた。牧場を営む町の顔役バクスター(マイケル・ガンボン)は、ボスたちに“フリー・グレイザー”の時代は終わったと言い放ち、いますぐ町を出ていくよう命じるのだった。カウボーイたちは、正義、名誉、そして失われていく西部の伝統的な生き方を取り戻すために、銃を取った……。

関連記事

  1. スコーピオン (2001) : 3000 Miles to Graceland

  2. 迷い婚 -全ての迷える女性たちへ- (2005) : Rumor Has It

  3. コーリング (2002) : Dragonfly

  4. Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 (2007) : Mr. Brooks

  5. 13デイズ (2000) : Thirteen Days

  6. 守護神 (2006) : The Guardian